<< 2007年6月7日 コスダック(KOSDAQ)指数 | main | キーイースト 連日のストップ安継続中 >>

『太王四神記』の監督が公式謝罪

0
     ペ・ヨンジュン主演ドラマ『 太王四神記』(ソン・ジナ監督、キム・ジョンハク演出)の制作会社であるキム・ジョンハクプロダクションが度重なる放送延期に対し、公式的に謝罪した。

     8日午前、放送開始予定日を再び延期すると発表したキム・ジョンハクプロダクションは、メディアの報道資料を通じて「視聴者との約束を守ることができず申し訳ない」と謝罪した。

     責任演出者のキム・ジョンハク監督は「視聴者のみなさんに予定通りにドラマを見せることができず、放送の時期を幾度も延期するなど失望させた上に、テレビ局側にも多大な迷惑をかけた点について深く謝罪する」とした。

     キム・ジョンハクプロダクション側は「6月25日に放送を開始すると発表していた同ドラマは、事前制作ドラマとしてこれまで約65%程度の撮影が終わっており、現在全24話中17話まで部分的に撮影を終えている。期待の大きい作品であるということから、キム・ジョンハク監督は作品の完成度を満足できるものにするため全力を尽くしている」と説明した。

     また、「視聴者の満足度も演出者の責任であると考えているキム・ジョンハク監督は、さらに完成度の高い立派な作品を作り上げるため、やむを得ずまたもや放送開始の時期を延期することにした」とした。

     現在、撮影が既にかなり進んでいるにもかかわらず、脚本家のソン・ジナ氏と台本修正作業を行っているという。このため撮影チームは5月初旬、済州島の撮影現場を撤収し、キム・ジョンハク監督とソン・ジナ氏は台本修正作業に入ったというのがキム・ジョンハクプロダクション側の説明だ。

     また、「台本の修正が行われている間、制作チームは撮影された分の編集作業を進めている。これまで制作会社とのあつれき説などが持ち上がっていたペ・ヨンジュン、ムン・ソリ、イ・ジアも、5月初旬から現在まで録音やポスター撮影などを行っている」とした。

     キム・ジョンハク監督は「全スタッフと俳優たちが一致団結してそれぞれの分野で全力を尽くしている。私の欲のために放送の日程を延期し、視聴者との約束を守ることができなかった点について深く反省している」とした。

     また、「少しでも満足のいく台本で、さらに徹底した後半作業を行い、完璧な作品を完成させたいという欲がこのような過ちにつながってしまった。素晴らしい作品を作ることで過ちを償いたい」とした。

     キム・ジョンハク制作会社側はまた、「同ドラマは台本を修正し、6月中旬ごろに済州島で再び撮影を再開する予定だ」とした。

    「申し訳ない」ヨン様主演ドラマの監督が公式謝罪  -- 朝鮮日報JNS

    やっと当事者の口から現状が明らかにされました。


    プレビューDVD金盤、銀盤につづく、ナビゲートDVDが
    6月20日に発売予定。
    amazonなら送料無料、25%引きで、2,400円。
    太王四神記 ナビゲートDVD

    キーイースト取扱開始決定!
    口座を作るのは、無料です。
    イー・トレード証券

    コメント
    コメントする









    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM